HOME脳卒中

脳卒中・動脈硬化

脳卒中とは

脳卒中とは血管が詰まる脳梗塞と、血管が裂けてしまう脳出血やくも膜下出血とがあります。一度、脳梗塞や脳出血を起こしてしまうと命に関わる危険性もあります。
また、一命は取り留めたものの、麻痺が残ってしまったり、寝たきりになってしまったりする方もいらっしゃいます。
生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病)を予防することで、脳卒中の予防は可能です。生活習慣病の方は、生活習慣病の改善を目指すとともに、定期的な検査をお勧めしています。

脳卒中の前兆

以下の症状がある場合は自己判断せずに、まずは受診してください。

・視野がぼんやりとする、突然見えにくくなった。
片方の目だけが見えにくい、又は見えない。
・言葉が出にくい、ろれつが回らない、思っていることをうまく話せない。
・まっすぐに立つことが出来ない。
・身体に力が入らず、ふらふらする。
・身体のどちらかだけがしびれたり、感覚が麻痺したりしている。

脳卒中の後遺症

一般的に脳が受けたダメージが大きければ大きいほど、その後に残る後遺症は大きくなります。その為にも脳卒中の予防と早期発見・早期治療が大切になってきます。

主に以下のような症状が現れます。

・意識障害…場合によっては意識が回復しないこともあります。
・視覚障害…目が見えなくなったり、視野が狭くなったりすることがあります。
・言語障害…言葉が発しにくくなったり、思っていることをうまく話せなくなったりすることがあります。
・運動感覚の麻痺…片側にしびれが残ったり、歩行に障害が出たり、手がうまく使えなくなったりします。
・激しい頭痛、嘔吐。

脳卒中のタイプ

血管が詰まるタイプの脳卒中を脳梗塞と言います。脳梗塞は大きくわけて3つのタイプに分類されます。

ラクナ梗塞

脳梗塞の半数を占め、日本人では一番多いタイプの脳梗塞です。血圧の高い状態が続くと脳の細い動脈に負担がかかり、その箇所が徐々に詰まっていき小さな梗塞が出来ます。小さな梗塞の為に症状が出にくいことも多く、隠れ脳梗塞と呼ばれたりもします。症状がゆっくり進行する為に、手足のしびれや話しにくいという症状で気づくこともあります。

アテローム血栓性梗塞

動脈硬化が原因となって起こる脳梗塞です。主に脳の太い動脈が詰まって発症します。
元々は欧米人に多いタイプの脳梗塞でしたが、近年日本でも高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病が増え、発症数が増えています。

心原性脳梗塞

心臓あるいは頸動脈に出来た血栓が突然、脳のほうに運ばれてきて脳の血管を詰まらせてしまう梗塞です。原因としては心房細動などの不整脈や心筋梗塞などがあげられています。突然発作が起こりやすく、症状が強い為、命に関わることもある梗塞です。
血管が裂けて出血を起こす脳卒中を脳出血・くも膜下出血と言います。

脳出血

脳の血管が動脈硬化を起こし、さらに高血圧が続くと血管が耐えられなくなり、破裂して出血を起こします。出血した血は塊になります。これらが脳内を圧迫する為、出血した部位や圧迫している箇所によって様々な症状を引き起こすことになります。

くも膜下出血

脳の中にあるくも膜という膜の下に脳に血液を送る血管が走っています。この血管に動脈硬化や動脈瘤と呼ばれるコブがあると、血圧が高くなった時に急に破れてしまうことがあります。これがくも膜下出血です。
くも膜下出血は高血圧の人に多くみられ、命にも関わる危険な出血です。
何の前触れもなく、突然猛烈な頭痛、吐き気、嘔吐などを症状が起きた際には、速やかに受診してください。

脳卒中の予防について

脳卒中の予防について

脳卒中は予防できる病気です。
脳卒中は動脈硬化が引き起こす病気です。高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を予防することが、動脈硬化を起こりにくくします。健康診断の結果を放置せず、早めの治療が肝心になります。当院では脳卒中の予防に力を入れています。一度健康診断の結果を持ってご相談に来てください。

動脈硬化について

動脈硬化とは加齢などに伴い血管が脆くなっていく症状を言います。誰しも年齢とともに血管は脆くなっていくのですが、この動脈硬化の進行を早めてしまうのが、高血圧や脂質異常症、糖尿病などになります。動脈硬化が進行すると血栓が出来てしまい、その結果、脳卒中を引き起こしてしまいます。

動脈硬化の進行

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が増えると、それらが血管壁を傷つけます。

血小板などが血管壁を修復する為に集まり、さらにその部分に脂肪分などが沈着を起こして、コブのような塊(プラーク)が出来ます。プラークが大きくなり、その結果血管、内腔が徐々に狭くなっていきます。

そのまま放置し続けると、さらにプラークは大きくなり、血管内腔は狭くなっていきます。その後、プラークが突然はがれて出血を起こし、それらの出血が血栓をつくります。その結果、脳梗塞や心筋梗塞などを起こします。

動脈硬化が引き起こす病気

動脈硬化は心臓や脳だけではなく、血管のある場所で様々な病気を引き起こします。

・心臓の血管/心筋梗塞、狭心症
・脳の血管/脳梗塞(ラクナ梗塞・アテローム血栓性梗塞)、脳出血・くも膜下出血
・腎臓の血管/腎硬化症
・手足の血管/閉塞性動脈硬化症、壊死
・胸部・腹部の血管/大動脈瘤
・目の血管/眼底出血

動脈硬化の予防

高血圧や糖尿病・脂質異常症がある方はまずはその治療をきちんとしましょう。
また、健康診断で引っかかった場合は、自己判断で放置せずにきちんと医師の受診を受けましょう。まずは、生活習慣病を放置しないことが動脈硬化の予防につながります。
また、日常の生活では塩分をとりすぎない事や適度な運動をすることを心がけましょう。

塩分をとりすぎない

レモン

日本人は塩分のとりすぎだと言われています。1日11g~12gの塩分を摂取していると言われています。塩分の目標摂取量は、その半分の6gとされています。塩の代わりにレモンなどの果汁を使ったり、ハーブやスパイスなどを上手に活用したりして塩分摂取量を減らしましょう。ドレッシング類のかけすぎにも注意が必要です。

 

適度な運動を心がける

適度な運動

毎日30分程度の有酸素運動を行いましょう。少し歩くスピードを速めての散歩などもお勧めです。また日常生活で、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うなど、ちょっとしたことに気をつけてみてください。ただし、無理は禁物です。自分のペースで行ってください。また、体調に不安のある場合や持病のある場合は、かかりつけのお医者さんにまずはご相談ください。

 

初診予約サービス

西条の脳神経外科

住所 〒739-0011
広島県東広島市西条本町12-2
木阪クリニックビル2F(東横イン横)
診療時間 9:00~12:30 / 14:30~18:00
休診日 木曜日・土曜日の午後、日曜日・祝日
最寄り駅 JR山陽本線「西条」駅より徒歩2分
駐車場 専用の駐車場がございます。
東横イン駐車場をご利用ください。

QRコード

スマホからも
アクセス